2023年にOracle Formsを起動するための代替方法

最新:Oracle Formアプリケーションを保存するためのソリューションをご覧ください

CheerpJは、最新のブラウザでOracle Formsによって生成されたものを含むJavaアプレットへのアクセスを維持する、市場で唯一のソリューションです。

Microsoftが2022年6月にInternet Explorerを正式に廃止すると発表したことは、Oracle Formsで構築されたアプリケーションに依存する組織に再び打撃を与えました。

この最新の発表は、セキュリティ上の問題により、主要なブラウザがJavaアプレットのサポートを終了する傾向と、Oracle Formsが最新のHTML5を選び、ブラウザで実行するために依存していた基本的なNPAPIテクノロジーを追跡しています。

過去数年間、Internet Explorerは、組織がOracle Forms 10g以降をオンラインで実行できる唯一のブラウザです。したがって、この発表は、Oracle Formsアプリケーションに依存している企業や組織に大きな影響を与える可能性があります。
そのことを念頭に置き、Formsを実行し続けるために、どのようなオプションがあるでしょうか?

Internet Explorerモード

発表の一環として、MicrosoftはEdgeで「Internet Explorer」モードを継続することを表明しています。これにより、NPAPIプラグインを使用してブラウザでOracle Formsを実行することができますが、同時にユーザーエクスペリエンスを犠牲にします。例

  • Internet Explorerモードはデフォルトでは有効になっていません。このモードは、各ユーザーのEdgeブラウザ設定で手動で有効にする必要があります。
  • Oracle Formsを含むWebページを実行する唯一の方法は、最初に空白のページを表示するEdgeでOracle Forms URLを実行することです。ユーザーは、Edgeのメニュー、そしてその他のツールに手動で移動する必要があります。次に「Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可」をクリックして、Internet Explorerモードを使用してアプリケーションを再読み込みする必要があります。この操作で、Oracle Formsアプリケーションが正常に実行されるようになります。
  • エンドユーザーがFormsアプリケーションを閉じるか、エラー(FRM-92103、FRM-93652など)によりキックアウトされて再びURLを実行してFormsに戻ろうとする場合、ユーザーは空白のページが再び表示されるところから、Internet Explorerモードでページを再読み込みする手順をやり直す必要があります。

つまり、これは面倒なプロセスであるだけでなく、Internet Explorer内の欠陥に起因するセキュリティ上の問題につながる可能性もあります。さらに、この方法には、Javaのローカルインストール、定期的なセキュリティメンテナンス、およびライセンスが必要です。

Forms Standalone LauncherとJava Web Start

Oracle Formsの最新リリースである12cを実行しているお客様には、Internet Explorerを使用せずにOracle Formsを実行するためのオプションがいくつかあります。Forms Standalone Launcher(FSAL)とJava Web Start(JWS)です。これらの方法により、エンドユーザーはChrome、Edge、Firefoxなどの最新のWebブラウザを使用してOracle Formsアプリケーションを起動するか、デスクトップ上でアクセス可能なスクリプトを使用してアプリケーションを起動できます。
残念ながら、これらのオプションは、Oracle Forms 10gまたは11gのユーザーは利用できません。したがって、これらのオプションの利用には、12Cにアップグレードする必要があります。さらに、この方法には、Javaのローカルインストール、定期的なセキュリティメンテナンス、およびライセンスも必要です。

Oracle APEX

Oracle Forms(6i、10g、11g、または12c)のいずれかのバージョンで利用できるオプションは、Oracle Application Express(APEX)への移行です。これにより、すべての最新のWebブラウザでサポートされているWebベースのアプリケーションにFormsを変換できます。
サードパーティアプリケーションでは実行不可能なこのオプションは、コストとタイムラインの影響により、実用的ではない場合があります。

CheerpJ

Leaning Technologiesが開発したツール、CheerpJは、最新のブラウザでOracle Formsによって生成されたものを含むJavaアプレットへのアクセスを維持するための市場で唯一のソリューションです。ソースコードを変更せずに最新のブラウザで使用できるようにすることで、レガシーアプリケーションの寿命を延ばすことができ、組織は時間、コストおよびリソースを節約できます。

したがって、このアプローチはOracle Formsの任意のバージョン(6i、10g、11g、または12c)で動作するだけでなく、サードパーティのアプリケーションに依存する組織も利用できます。

最新のHTML5、WebAssemblyおよびJavaScriptに依存するこの新しいアプローチにより、組織はモバイルデバイス上でアプリケーションにアクセスするだけでなく、外部ユーザーにもアクセスできるようになります。重要な点は、CheerpJの使用により、組織がJavaのローカルインストール時にエンドユーザーマシンを必要としなくなったことです。

CheerpJの詳細については、当社の Webサイトからデモを予約して実際にご覧ください!